年上彼に追いつきたい!いますぐ使える【カタカナ英語】まとめ♡

年上彼氏の言ってることが理解できない!

【カタカナ英語】ばっかり使う彼って 意外と多いのです♪

「彼と話していると、私の知らない用語ばかり使ってくるから、話が理解できない!」なんて嘆いてる女子、いませんか?実は今、このように悩んでいる女子、意外と多いのです♪

今回は、これだけ知っておけばなんとか話がわかる、【カタカナ英語】についてご紹介します♡

どうして彼は《カタカナ英語》を使うの?

"自分はすごいんだぞ"とアピールしてるのです!

就活を始めたり、ビジネススクールに通ったり、または社会人になった年上彼は、あなたと同じように始めは《カタカナ英語》に苦戦したはずです。なので、普通の日本語も、当然使えるのです!

しかし、"自分は仕事だとすごいだろ!とアピールしたいので、彼らは使うのです♡

1.今日の「アジェンダ」〇〇でさ〜

アジェンダ=議題のことです!

このようなカタカナ英語多用しまくりな人が多く使うのが、《アジェンダ》です。「今日のアジェンダが〇〇でさ〜」と彼が話してきたら、「今日の会議の内容」の話なんだな、と認識しましょう♪

彼の仕事の話など、興味がなくても聞いてあげることで、彼は癒されますよ♡

2.さっき「リスケ」してきたわ。

リスケ=スケジュール調整し直すことです!

《カタカナ英語》だと、英語の単語をカタカナにしているものが多いのですが、これは違います!「さっきリスケしたんだけどさ」と彼が話してきたら、スケジュールをし直したという意味です♪

彼がこの言葉を使ってくる時は、相当寂しいんだなとわかってあげましょう♡

3.「コミット率の低さやばくない?」

これは、私たちもよく使いますよね!

「あいつのコミット率、本当低くてやる気あんのかよって感じだよ!」なんていう時は、「あ、参加率のことなんだな」と認識しましょう!でも、「コミット」は私たちもよく使いますよね♪

RIZAPも「結果にコミットする」と言っているし、コミット率もよく聞きます♡

「コンセンサス」「フィックス」……

英文法的には、間違ったものが多いです!

他にも、「コンセンサス=合意」や「フィックス=決定する」など多くありますが、この多くは、英語だと意味が違っていたり、使い方が英文法的に間違っていたりします♪

なので、聞いて「あれ?なんか聞いたことある単語だけど何か違う」と思っても、気にしないでくださいね♡

会話の意味だけ理解すればOKです♡

全部理解しよう、 自分も使おうと思わなくて大丈夫!

彼が【カタカナ英語】を使う時というのは、きっと仕事なので頑張ってきて、彼女であるあなたに甘えたい、褒めてもらいたいという時なのです♪なので、そんな時はそっと抱きしめてあげましょう!

ちょっとだけ理解して、彼の会話を聞き取れるようになれるようにしましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ