覚えておきたい大学用語! 【大学女子の4年間呼称】まとめ♡

今年の春から大学入学♡

おめでとうございます!"華の一女"ですね♪

大学に入学すると、必ずと言って良いほど耳にする「大学用語」と言うものがあります!そこで今回は、【大学女子の4年間呼称】をまとめてみました♪

春から入学するという人も、"そんなの知らない!"という大学生の方も、ぜひcheckしてみてくださいね♡

[大学一年生]: ちやほやされまくり!「華の一女」♡

これは有名ですね♪

共学の大学に入学したら、あら大変です!なんと、一年生女子であるというだけで、とんでもなく男性陣からちやほやされるのです♪これを、「華の一女」の期間と言います。

この時期にたくさんちやほやしてもらうと、色んな人脈ができ、また色んなことを学べるので、オススメ♡

[大学2年生]: 一女に戻りたい!「嫉妬の二女」。

一気に冷たくされるので、 こういう名前がつきました!

さて、盛大にちやほやされる時期を終え、二年生に上がった瞬間にもう男性陣は、寄ってこなくなります。これを、「嫉妬の二女」の時期と言います♪

実際に嫉妬はしていなくても、こう呼ばれてしまうのは、ちょっとイラッとしますよね(笑)

[大学3年生]: もう研究会に邁進!「諦めの三女」♪

もう勉強・就活モードONです!

そして、そんな恋愛にうつつを抜かす時期を終えると、研究会や就活などの真面目モードに切り替えなきゃいけない時期がやってきます!これを、「諦めの三女」と言います♪

恋愛に関して、諦めているというよりは、二年生までに遊びすぎて疲れた、と言う人が多い印象です♡

[大学4年生]: もう役目は果たした!「屍の四女」……。

屍(しかばね)なんて、ひどい言い方ですよね!

大学4年間も最終形に入ってくると、「屍の四女」などと呼ばれてしまいます。「もうなんの魅力もない。ただの死体。」ってちょっとひどすぎますよね(笑)

ただ本人たち的には、入学したばかりの一女があまりにも眩しくて「私はどうせ屍の四女」と卑屈になる人も多いようです!

ちなみに、その続きってあるの?

失意の五女、無我の六女、残酷な天使の七女……

Twitterなどで一時期話題になったのが、この続きの呼称です!医学部などでは6年生のところもありますが、他の学部だと留年していることとなるので、あまり喜ばしいものではありませんね♪

ちなみに、失意の五女、無我の六女、残酷な天使の七女、と続くそうですよ♡

大学用語を知って、 楽しいキャンパスライフを♡

色んな先輩と仲良くしましょうね!

大学に入学すると、本当にその大学によって、様々な用語があるので、そういうものを積極的に覚えると、早くその大学に馴染めるので、オススメですよ♪

色んな先輩と仲良くして、楽しいキャンパスライフを送れると良いですね♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ