重いってよりむしろキュン♡男性がよろこぶ【理想の束縛】変換術

束縛=重いって考え、打ち砕いちゃいます♡

束縛=重いというイメージをもっている人も多いことでしょう。しかしそのイメージ、変換術を使えば簡単に覆せちゃうのです!

今回は、男性が思わずキュンとしてしまう理想の束縛を、変換術というテクを使ってみなさんに伝授しちゃいます♡

"怒る"→"拗ねる"に変換♡あざとく「嫌だ」と伝える

イライラ女子はNG!拗ねる女子はあざと可愛いと大人気

気分を害するようなことをされると、ついついカッとなって彼に強くあたってしまう人も多いはず。きつい言葉で彼を責めたり、説教したくなる気持ちもわかります。

しかし、愛され女子は決して怒るということはしません。怒るを拗ねるに変換するのです。例えば「嫌って言ってるのに何でわからないの?」という言葉を「嫌だよ…」とシュンとしながら言うだけ♡

うさぎのようにあざとく気持ちを伝えるだけで、男性はドキッとしてしまうのです。

"干渉"→"心配"に変換♡問い詰めるのではなく気持ちを伝える

干渉は窮屈!ねほりはほり聞かないことがポイント

干渉されると、重いと感じる男性は多いですが、それが心配となると話は別!心配されると、愛情を感じる男性は多いのだそう。

干渉をしないようにするポイントは、ねほりはほり聞かないこと!例えば帰りが遅いときなどに「何しているの?」と聞いてしまう女性は多いと思いますが、それはNG。

「気をつけてね」という言葉をかけるなど、彼を気遣う気持ちを見せましょう。干渉されることを嫌う男性は多いので、ここは要注意です。

"ダメ→イヤ"に変換♡行動制限をやめて、気持ちで勝負

「ダメ」という言葉を「イヤ」に変えるだけで可愛く見えてくる

「~しないで」「~ダメ」という言葉で彼の行動を制限してしまっている人も多いのではないでしょうか?

しかし、これが続くと男性は面倒だ、疲れた、と思うようになってしまいます。ダメという言葉からイヤという言葉に変えてみましょう。

「~はイヤ」と寂しそうに伝えるだけで、彼はキュンキュンしてしまうはず!この子が嫌がることをするのはやめよう、と彼が自発的に思うようにしかけるのです♡

3つの変換術の共通点は、≪穏やかand女の子っぽさ≫

相手本位になることをお忘れなく♡

これまで紹介してきた3つの変換術に共通するのは、自己本位ではなく、相手本位になるということ!自分の不満を一方的に押し付けるのではなく、まずは一呼吸おいて冷静になることが大事。

穏やかに気持ち伝えることができれば、それだけで女の子っぽさが出ますし、男性も「変わろう」と思ってくれるものなのです。

うまく利用すれば、束縛にだって彼はキュンとする!

束縛という言葉にネガティブなイメージをもっている人も多いと思いますが、実はうまく利用すれば彼との距離を縮める絶好のチャンスになるのです♡

一歩間違えれば"重い女認定"されてしまうので、今回の変換術をぜひ参考にしてみてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ