【大ピンチ】彼からのこんなLINE、≪NG・OK対応≫を教えて!

LINEの返信 意外と困ることってありませんか?

シーン別!NG対応とOK対応を紹介♪

実際に会って話している時は、相手がどんな表情でどんな声なのかもきちんと分かりますが、LINEとなるとそうはいきません。

だからこそ、対応の仕方に注意する必要があるのです!そこで今回は、彼からのLINEをシーン別にわけて、NG対応とOK対応をご紹介しちゃいます♡

1.しばらく≪彼からLINEの返信が来ないとき≫どうする?

【NG対応】「何してるの」などと 何度もLINEを送る

質問しているのに返信がなかったり、結構時間が経っているのに返信が来なかったりすると「何しているんだろう」と焦る気持ちは分かります。

しかし、「なにしてるの?」「ねえ」などとしつこくLINEするのはNG。返信が来ないのは、仕事が事情の時も多々。仕事で疲れているのにしつこくLINEが来ていたら、彼も疲れてしまいます。

【OK対応】「時間ある時に連絡してね」 と余裕を持たせる

中々彼からの返信がこない時に、どうしても気になってしまうのなら「時間ある時に連絡してね」と一言だけ送るといいかも。

そうすることで自分の気持ちも少し落ち着きますし、彼もLINEを開いた時に嫌な気分にはなりません。

男性のリアルな声をチェック!

「仕事終わって携帯見て、何してるの?とか来てたらさらに疲れる」(22歳 会社員)

「そもそも携帯をあまり見ないから、催促されると困る」(20歳 大学生)

やはり、急かされることを嫌がる男性は多いようですね。気持ちに余裕を持って返信を待ちましょう♡

2.落ち込み気味で ≪悩み相談されたとき≫どうする?

【NG対応】「こうするべき」などと 自分の意見をずっと言い続ける

男性が悩みを相談するという行為は、プライドに関わること。

彼が落ち込み気味で相談事を持ち掛けたときに、「私はこう思う」「こうするべきだよ」などと自分の意見ばかりいうのはNG。

上から目線の言動は、"男性を立てる"という行為からも遠ざかってしまいます。

【OK対応】「うんうん」と 相槌をうって聞き役に徹する

男性が相談を持ち掛けてきたときには、まずはじっくり話を聞いてあげることが大切。彼が話すことに対し、「うんうん」としっかり相槌をうつことがポイント。

「~なんだよね?」などと彼の話を繰り返し、彼が答えを出せるように自然と導いてあげましょう♡

自分の価値観で自分の答えを彼に差し出すのではなく、あくまで彼が答えを出せるようサポートしてあげることが大事です。

男性のリアルな声をチェック!

「俺が相談したのに、気づいたら自分の話になっている子ってたまにいるけど、ああもうこの子には相談しないって思う。」(23歳 銀行員)

「ずっと黙って話を聞いてくれて、その子を話しているうちに自分がどうしたいか分かった時があって、その時は本当にその子の感謝した。」(22歳 エンジニア)

女たるもの、やっぱり聞き上手でいることは忘れちゃいけないのかもしれません。

3.訳もわからず ≪八つ当たりされたとき≫どうする?

【NG対応】 「八つ当たりしないで」と怒り返す

訳も分からず、彼が急に不機嫌になることってありますよね。返信が来たと思ったら、「なんかイライラしているなあ」なんて時もあるかと思います。いわゆる八つ当たりですね。

そんな時、「八つ当たりしないで」「何怒ってんの?」などと怒りたくなるのもわかりますが、これはNG。

彼のイライラを悪化させてしまいます……。

【OK対応】「どうしたの?」と聞きつつ いつも通り穏やかに

あれ?なんかイライラしてる……と思っても、とにかくいつも通りに接しましょう♡そうしているうちに、彼の機嫌が自然と戻ってくることもあります。

「何かあったの?」と、穏やかに聞いてみるもありかもしれませんね。

大事なのは、怒りを怒りで返さないということ。こういう時こそ女の余裕を見せましょう!

男性のリアルな声をチェック!

「俺がイライラしているのに、穏やかに対応してくれると、ごめんねって気持ちになって怒りもおさまる」(20歳 専門学生)

「自分が悪いのはわかってるけど、怒り返されるともっとイライラしちゃう」(23歳 エンジニア)

男性は女性よりもやはりちょっと子供なのかもしれません。そんなところも可愛いと思えるくらい寛容な女性になれたら良いですよね♡

LINEでのコミュニケーションでも 彼の気持ちをくみとることが大事♡

LINEでのコミュニケーションって、結構難しいですよね。絵文字がついていないだけで「怒っているのかな?」「元気ないのかな?」と不安になってしまうこともあります。

表情や声の調子が分からないからこそ、相手の気持ちをくみとることが大切♡どんなシーンでも、彼が居心地が良いと思える対応を心がけましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ